So-net無料ブログ作成
検索選択

日陰スペースへの挑戦。 [庭の植物・花]


日陰植物_DSC_0664.jpg
 ギボウシ(ホスタ) & ツボサンゴ(ヒューケラ)

日陰でも問題なく育つ植物が最近気になってました。
考えてみれば一日中、日光の当たる場所なんて限られてるわけで、
建物の影とか樹木の影のスペースは思った以上に多いですよね。
そこを日陰に強い植物で華やかにカバー出来れば楽しみも倍増という訳です。

我が家にも数カ所日当りの悪いスペースがありまして、そこの改造は数年がかりのテーマ、
ささやかなる一大イベントになりそうです。

それにしても、エラいリキの入った前振りになっちゃいましたなあ。(笑)


今回は、家の北面の玄関までのエントランス部分(一番気になっていたスペース)の植栽です。
シラカシを数本一列に植えてるんですが、年月も経ち大きく成長してその下が暗くて、シラカシも
下の方には葉を付けず、落ち葉が唯一のアクセントという状態だったのです。


数ヶ月前にグラウンドカバーにとヘデラを挿し木したり、他から適当なのを移植したんですが、
ちょっと物足りない状態でした。

これです。寂しいでしょ。
植えた時期も悪かったんでしょうね。右の写真のように繁殖もおぼつかないヘタリぶり。(苦笑)



なのでTOPの写真の植物たちを全部植えちゃいました。ギボウシ類とツボサンゴ類、計8種類です。
どれも三百円前後の手頃な値段でした。

もう少し詳しく書くと、
ホスタ類は『グリーンゴールド』『ゴールドスタンダード』『ダイアモンドティアラ』『フランシー』
ツボサンゴ類は『チェリーズジュピリー』『ボルドーロワイヤル』『シルバーインディアナ』『ヒューケラ・バイキングシップ』
どれも、ゴージャスな名前ですねえ。貴金属か宝石みたいですねえ。(笑)


日陰_3_DSC_0752.jpg

地面の露出は減りましたが、グラウンドカバーをもう一段進める為に、裏の空き地に生えてる
シダと玉竜と銭苔も加えました。シダと玉竜と銭苔は移植だから勿論タダでした。(笑)

ここのスペースは基本は洋風の感じなのですが、シダと玉竜と銭苔はそんなに雰囲気を壊さないと
思うんですよね。それに、どれも地のモノなので冬の寒さも大丈夫でしょうし、何よりシダとか苔は
日陰植物の代名詞みたいなもんでしょ。だから我ながらよい選択したと思ってるんですよ。


日陰_4_DSC_0751.jpg

随分、賑やかになりましたがこれらの植物は、みんなここに居着いてくれるのかなあ(不安)
多分この夏にどの位、根を下ろすかにかかってる感じがするので、大事に育てなきゃね。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。