So-net無料ブログ作成

♪天城越え♪_9月6日の半日旅行 [風景・自然]

天城山隧道_DSC_6421.jpg
 天城山隧道

二週間前の9月6日に伊豆天城まで行って来ました。

ついこの間まで夏だと思っていたのに、たった今(9月21日)TVで奥日光で初氷のニュースを

やっていました。が、出来て百年以上経っているトンネルで二週間の誤差なんて小さい小さい(笑)



天城山隧道_DSC_6427.jpg 天城山隧道_DSC_6437.jpg


ここは旧道にあってトンネルに繋がる道はわざと往時のような土の道にしています。

映画の撮影などでは重宝がられたことでしょうね。蛍光灯もナトリウム灯もなく中は真っ暗です。


トンネルは今も車で通行出来ますが、450m近い長さで中で対向車と出会ったら悲惨でしょうね。



天城山隧道石碑_DSC_6418.jpg 天城山隧道解説_DSC_6419.jpg


石碑には石造りではわが国最大長とあります。トンネルというより隧道というのが相応しいですね。

今では重要文化財になっているんですね。伊豆は地震が多いのにこの保存状態は立派ですよね。



ワサビ畑_DSC_6452.jpg


伊豆と言えばワサビですが、これを見た時は信州のワサビ畑とは異質なものを感じました。

マチピチュみたいな石造りの段々畑ですが、日よけの為の覆いがローマ時代?の洗濯屋か染物屋の

ようなものを想像させられました(笑)



ワサビソフト_KICX5209.jpg ワサビ丼ワサビアップ_KICX5212.jpg


道の駅で食ったワサビソフトクリーム(おろしワサビをそのまま乗ってている)と

天城を越えた処にある河津で食ったワサビ丼=400円也を紹介します。



ワサビ丼_KICX5216.jpg


ワサビ丼はご飯にかつお節と下ろしワサビを乗せて醤油をかけて食す至極簡単なドンブリです。

が、丸ごと一本のワサビが出て来て足りなきゃ言って下さいと・・(汗)

このご時世でワサビの様な自然食品は貴重品なので400円也はやはり安いんですかねえ。



浄蓮の滝_DSC_6394.jpg 浄蓮の滝_DSC_6398.jpg
 取材風な滝                     全景の滝

当然、浄蓮の滝にも立ち寄りました。

石川さゆりの天城越えの石碑というかプレートがデ〜ンと鎮座しています。

そりゃ、観光客誘致に貢献したのは認めますが、これじゃそれを確認する為に来た様な感じに

なるじゃありませんか。もっと隅の方に小さく存在していたほうが絶対に好感出来ますよ。



   浄蓮の滝_DSC_6406.jpg
    自己主張風の滝


以前に行った富士の白糸の滝では場違いなサザエの壷焼きの匂いに閉口しましたが、

此処ではそれほど違和感のある匂いはしなかったような・・。

たしかイワナかヤマメの塩焼きの匂いだったような・・(苦笑)



芦ノ湖_DSC_6387.jpg 伊豆スカイライン_DSC_6389.jpg


伊豆行きは混まないルートは箱根ターンパイク→伊豆スカイラインですが、通行料として

小銭をドンドン取られるのに閉口します。横浜からだと半日のドライブで多分往復で5000円は

使ったでしょうね。先日は信州まで行って帰りは高速を使わないでそれでも立派な道を帰って

丸々一日走って高速代の千円だけだったのにここは何たる高額ルートなんでしょう。

タダの熱海経由だと帰りとか異常に混むし、箱根を国道で下るのもヒドい渋滞だし、このルートが

渋滞しないと言ってもちょっと取り過ぎでしょ。何処かで聞いた観光客の伊豆離れは中途半端な

距離が原因じゃなくってこれが原因じゃないのかな。



熱海_DSC_6391.jpg 河津ループ橋_KICX5218.jpg


それにしても見晴らしがいい。眼下に見えるのは熱海の街だと思う。

西側には三島、沼津が見えるし、東側には小田原、平塚。北には当然富士山が見えるし

十国峠とは言い得て妙。

ループ橋は天城から河津に下る大滝温泉にあります。自動車は階段を下りられないですもんね(笑)



沼津方面_DSC_6456.jpg


帰りに伊豆スカイラインからみた沼津方面の夜景は綺麗でした。

これを撮っていてブレない最新のカメラが欲しいとつくづく思いました。

多少の濃度調整とかだと後処理で何とでもなりますがブレだけはいかんともし難い・・(苦笑)











今日は相模湖 [風景・自然]

ススキ_DSC_6542.jpg
 相模湖南側の鉢岡山付近より


先週の道志みちに続いて県北をドライブしました。今日は相模湖を目指しました。

天気も先週に続いて快晴です。窓を開けて心地好いドライブ日和でした。

それにしても県北は思った以上に山深い。この季節だと信州まで行かなくっても充分だね(笑)



相模湖遠景_DSC_6525.jpg
 相模湖遠景


相模湖_DSC_6524.jpg 相模湖地図_DSC_6523.jpg
 相模ダム                   地図と説明


上の地図を見ていて相模湖(相模川)は富士五湖の山中湖から流れて来ている事を始めて知りました。

山中湖は本栖湖とかの青い澄んだ水と較べると非常に水質が悪い(悪魔で見てくれです)ので

道理で相模湖の水も緑色に濁ってるんだなと妙に納得しました。

そういえば以前諏訪湖の水門を見て水が天竜川に流れているのを知りましたが、出来れば

生活水の流れ込まない清流のみを水道水に使って欲しいと願うのは贅沢ですかね・・。


彫刻_DSC_6547.jpg 彫刻_DSC_6550.jpg
 道端の彫刻−1                道端の彫刻−2


こういう彫刻を相模湖南側の道端で沢山見かけました。夏草の成長の凄まじさが折角の彫刻を

失敗した村おこしの遺物のように見せるので何かしら複雑な思いになりました。



車幅2m_DSC_6521.jpg                車幅2.0m制限の道

今日はこういう場所を何回か通り抜けました。奥深い山道の毛細血管みたいな道なので

しょうがないのでしょうが、ギリギリの車が挟まると脳血栓のようなものですかね(苦笑)


相模湖と言えば中央自動車道の渋滞とか連想しますが、特に今日は4連休しょっぱなの休日なので

湖周辺の主要道路は相当に混んでる感じがしました。自分はナビを駆使して山道、抜け道ばかり。

帰宅時も極力幹線は避けて帰ったので横浜の自宅まで時間はかかりましたが渋滞らしき渋滞もなく

帰宅することが出来ました。







道志みち [風景・自然]



アケビ_KICX5223.jpg
 道志村の道の駅で買ったアケビ

このアケビはお値段三百円也でした。高いのか安いのか判りません。

高そうな感じもしますが、珍しいので千円でも買いそうな自分もいます(苦笑)



道志村の全景DSC_6478.JPG リニアの看板_DSC_6477.JPG
 道志村の道の駅で見た村の全景         リニア中央新幹線の看板

富士山に向かって一直線の谷間の村なんですね。

山梨県道志村といっても峠を越える西の方角が山梨県側なので、道志村は神奈川県でも不思議じゃ

ないですよね。ちょっと前の相模原市を飛び越えて横浜市編入希望とは驚きのニュースでしたけど。

でもこんな自然の残った素晴らしい村がもし対照的な大都会の横浜市に編入されたとしたら、

素晴らしい組み合わせで自分は大賛成です。残念でしたね。



滝_DSC_6483.JPG 清流_DSC_6475.JPG


帰り道は丹沢越えして山北町に出て帰ろうと思い、道志みちから丹沢に抜けられる(筈の)道を

事前にグーグルマップでチェックしていたのでそれを通ってみました。


北丹沢_DSC_6496.JPG イワナ釣り_DSC_6486.JPG


丹沢山塊を真北からじっくり眺めて見たのは始めての経験です。

先日、南アルプスの黒河内林道を走ってその規模の大きさに神奈川の山を馬鹿にしましたが

あれは間違いですね。ここは神奈川県相模原市(何と市ですぞ)恐れ入りました。

民家もコンビニも一軒もない広大な山々はいいですねえ。



鳥居_DSC_6489.JPG いわれ_DSC_6488.jpg


例によってこういう鳥居とか見るとチェックです。由来もパシャリしました。

でも自分は不用心に手など合わせません。変な霊に取り付かれたりしちゃ大変ですもんね(笑)



通行止_DSC_6492.JPG 通行止-2_DSC_6493.JPG


で、随分登ったところで結局こういう事になりました。もっと入り口付近で知らせろって。

いやいや、知らせがないから色んな景色が見れたと感謝しとります。

それにしてもグーグルマップの雪だるまに×を乗せたマークはてっきり冬場だけ通行止めだと

認識しておりましたが違うのかなあ・・・。




市立青根中学校_DSC_6500.JPG 防鳥ネット_DSC_6497.JPG


再び東へ横浜に向けて帰る途中で素敵な校舎の学校を見つけました。市立青根中学校というらしい。

写真を撮っていると近くのおばさんがやって来たので雑談。

なんとこの立派な校舎には生徒が20人位しかいないらしい。天体望遠鏡もあるというのに・・。

昔は沢山の生徒がいたんですって。首都圏と言っても山の中はやはり過疎なんですよね。

校舎は沢山余ってる教室を色んな目的で地域の人が使っているらしい・・。いいことですね。

右の写真は果実を鳥から守る為らしい。ご覧のように完全防備。

これはリンゴですかね。まさか栗にネットはないだろし。



宮ガ瀬吊り橋DSC_6503.JPG


宮が瀬湖まで帰って休憩。何度も来てるんだけどこの大吊り橋は渡ったというか見た記憶がない。

橋の上で這いつくばって写真を撮っていると向こうから歩いて来るたった一人の女性の歩く振動が

コツコツグラグラとリアルに伝わって来ます。歩くだけでしっかり揺れるんですね。

ところでこの橋の下にはちゃんと向こうに渡れる道があるのになんで橋があるんだろう?

自転車も通れないのに立派な橋・・無駄じゃないの?町おこしの一環なんだろうか?

税金で作ったの?一瞬いま問題になっている八ツ場ダムの事を思い浮かべました。


午後からのドライブはいくら近場のドライブでもやはり辛いですね。今度は早起きして出かけよう。








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。