So-net無料ブログ作成
検索選択

晩秋のベランダ菜園 [東京砂漠(菜園)]

スープセルリ_KICX5574.jpg アイスプラント_KICX5576.jpg
 スープセルリ                 アイスプラント

久しぶりのベランダ菜園の紹介ですね。

菜園は去年から深入りしたので多少勝手の判った事もあり去年のような新鮮な熱気はありません。

でもその分バランスを考えて収穫する知恵も多少付いたかな・・と一人で思っております(苦笑)




全体_KICX5557.jpg
 ローズマリー、アロエベラ、アイスプラント、食用菊、バジル、万能ネギの苗 

何分古いマンションなので幅の狭いベランダだからこんなに狭苦しい状況になってしまいます。

洗濯物を干すときはこの環境は結構苦労します(苦笑)

未だにバジルが枯れないで頑張ってます。東京は暖かいんでしょうね。




春菊_KICX5585.jpg 冬菜_KICX5579.jpg
 春菊                     冬菜(小松菜)

この季節はアブラムシとかハダニのような害虫がいないのでいいですね。

夏になりかけた頃は本当に苦労しました。あの季節は私の園芸レベルではお手上げですね。

極力農薬は避けたかったのでデンプンを使用した環境にやさしい薬を使用しましたが

ちょっと目を離すとお手上げ状態になります。ガムテープにハダニ、アブラムシをくっつけて

随分退治しましたが、虫の成長に全く追いつかないんですよね。いやな季節でした。



ミックスレタス_KICX5571.jpg スイスチャード_KICX5581.jpg
 ミックスレタス                 夏越しのスイスチャード

スイスチャードは色鮮やかで美しいですが、大きくなると苦くなってくるのでサラダで食べたりは

出来なくなってしまいます。夏越しさせるのはしつこく育て過ぎですかね。



アラカルト_KICX5584.jpg 万能ネギ_KICX5578.jpg
 パセリ、からし菜等              万能ネギ

からし菜、万能ネギは春先はアブラムシ、ハダニにやられて失敗に終わりました。今回はリベンジです。

こんな針のような細いネギがちゃんと大きく成長してくれるのかなあ(不安)

こういう野菜(ネギ)はあると重宝するのは確実だし今回は無事に育ちますように・・。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋の実りと寂しさと・・ [庭の植物・花]

オオイヌノフグリ_KICX5533.jpg
 オオイヌノフグリ?

これはこの花ですよね。だとしたら雑草か・・勝手に生えたし・・。

でもちゃんとオオイヌノフグリという名前があるし、こうやって見れば金出して買った花と

どこが違う?って感じですよね。名前は素敵とは言えないけどね(苦笑)


追伸;よくよく見較べるとオオイヌノフグリではないような・・。なんという花ですかね??




柿_KICX5526.jpg ヤマグワの葉_KICX5542.jpg


前にも書きましたが柿を挿しているサルスベリはカイガラムシ・煤病で今年は散々でした。

サルスベリの下に置いていたヤマグワの葉っぱも煤病の煤を被ってご覧のように汚くなって・・。

折角、鳥の為に柿を挿しても不気味で渋柿か毒入り柿に見えて来るのが不思議です(苦笑)




畑_KICX5535.jpg ミカン_KICX5529.jpg

ヤマボウシを植える為に作った仕切りの中が花壇から菜園に変化してしまって・・。

キャベツ2種類4本・ケール・バジル・スペアミント・ローズマリー等を植えています。


ミカンが色付いてきました。今年は去年より小振りですが豊作です。

木が成長してきたからなのか皮が少し薄くなって剥いて食べ易くなりました。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

獅子柚子のマーマレード作り [日常]

獅子柚子_KICX5496.jpg

これでマーマレードを作ってみました。マーマレード作りは始めての経験です。


獅子柚子切断_KICX5512.jpg 獅子柚子_KICX5513.jpg


獅子柚子の実は図体に較べて随分小さいですね。

大きさ的にはカボチャの中にミカンの実がある感じですね。

まず、皮と実を分離しました。それにしても白い皮の分厚い事!!



皮_KICX5514.jpg 皮茹で_KICX5516.jpg

白い皮はマーマレードが濁りそうなので捨てる事にしました。

削ぎ取った黄色い外皮を二度下茹でしました。皮からはアクもさることながら脂分も結構出ますね。

茹でた汁は勿体ないので風呂の湯に混ぜて使いました。



煮詰めて_KICX5520.jpg 完成_KICX5524.jpg

茹でた外皮を水に晒した後千切りしたものと薄皮を剥いた実を重量の20%の砂糖と若干の水を

加えて数十分間掻き混ぜながら煮詰めていきました。マーマレードっぽい堅さになった時が

仕上げ時です。少し煮過ぎて外皮の鮮やかな黄色が若干くすんだのが残念です。

また、白皮をもう少し丁寧に取っておけば透明感も増したかも知れません。

熱いうちに容器に入れて密封します。

砂糖が少なめで日持ちが心配なのでパーシャルで保存しようかと思います。


肝心の味ですが、おせちに入っている金柑の甘露煮に似て甘苦い和風テイストのマーマレードに

仕上がりました。そのまま食べてもしつこさを感じない甘さが抑えられた素敵な味です。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旅の楽しみ [日常]

粟野看板_DSC_0042.jpg
 栃木県粟野町のいたるところでで見かけた町おこしの地図

前回のブログの古峯神社と出流山満願寺の中程にある地域です。

ここを起点に行ったり来たりしたのです。この地図には助けられました。



まちの駅_DSC_0041.jpg
 道の駅ならぬ『町の駅』

パンジーの値段の安い事!やはり買っとけばよかったかなあ・・。

下の写真の獅子柚子や漬け物に使った白菜とかも安く買って来ました。

地元の方も利用する観光ルートを外れたこういう店は安くっていいですねえ。

安い農産物との出会いは旅の楽しみの醍醐味です。



ジャンボ柚子_KICX5499.jpg
 獅子柚子はホントにデカい。@150.-



  白菜漬け_KICX5489.jpg
   白菜は早速漬け物にしました。白菜@150.-





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

古峯神社と出流山満願寺 [風景・自然]

古峯神社

古峯園_DSC_0113.jpg
 古峯園のせせらぎ

落葉した地面にちょろちょろと流れているせせらぎを見る心地よさは子供の頃の思い出なのか、

それとも縄文時代の記憶がDNAに刻み込まれている為なのか、強烈な郷愁を感じてなりません。



古峯園_DSC_0091.jpg
 古峯園

古峯神社(ふるみねじんじゃ)神庭の古峯園(こほうえん)です。

この近くには古峯ケ原(こぶがはら)という高原もあります。

古峯という漢字をを三通りで読ませるとはややこしい・・日本語は難しいですね。(苦笑)


ここは非常に格調高い庭園です。正面に見える石垣は普通の城とかの石垣よりも遥かに精巧で美しく

且つ大きな石で作られていて驚きです。何処を見ても絵になっている庭園です。


料金所で渡される案内チラシに『園内での撮影は禁止されております。』とありますが

非常に沢山の皆さんが素晴らしいカメラを三脚につけて堂々と紅葉の撮影をされていました。




古峯神社_DSC_0069.jpg
 古峯神社

紅葉時の色も計算して植えられてるんでしょうね。美しい・・。



古峯神社_DSC_0086.jpg
 古峯神社

地味な茅葺き屋根ですが、この建物は下の写真のような大広間が何部屋もあったり

御祈祷が行なわれる神殿に続く大広間もあったりで、実はデカいです。



神饌料理_DSC_0081.jpg 大広間_DSC_0080.jpg
 古峯神社神饌料理               食事をした大広間

鍋にはけんちん汁。御神酒と盃は御持ち帰り出来ます。



出流山満願寺

満願寺_DSC_0160.jpg
 出流山満願寺の本堂(暗いのでブレてしまった)

奥の院まで1.5kmの参道があるのですがもう暗くなりかかっているので断念しました。

それに『いずるや』の蕎麦もまだ食ってません。18時が閉店の筈(ネットで事前調査)だから

間に合わせねば・・。これを食ってこの旅は完結するのです(苦笑)



出流蕎麦-2_KICX5487.jpg 湯葉の刺身_KICX5485.jpg
 いずるやのおおもりそば            湯葉のさしみ


一升盛り_KICX5483.jpg
 名物らしい一升盛りのメニュー

五合盛り、一升盛りの超大盛りの出し方があるのが出流蕎麦の伝統らしい。

今日は神饌料理も食ったしさすがに超大盛りは遠慮してもりそば大盛り(二合盛り、笑)で

いただきました。



出会った風景

林道からの眺め_DSC_0151.jpg 林道からの眺め_DSC_0153.jpg
 古峯神社から粕尾・粟野方面に山越えする林道から見た眺め

古峯神社から出流山まで川を下って平野から入るマトモなルートは嫌なので

峠(林道)から川(幹線)⇒峠(林道)から川(幹線)⇒峠(林道)から川(幹線)

これを繰り返していくルートで林道満喫のドライブでもありました。



前日光牧場_DSC_0062.jpg 石灰工場_DSC_0168.jpg
 前日光牧場                出流から佐野方面に抜ける山道からみた石灰工場

前日光牧場は今日通った一番標高の高い処です。こんな不便で過酷な処に牧場を開くのは

どうしてなんですかね。そういえば美ヶ原とかもそうですよね。

右の写真の石灰工場は殆ど夜になりかかった頃に見た光景です。

山腹が抉られて巨大な穴を開けて何かしらSF映画の一シーンみたいでした。


東京を七時に発って栃木の山中を走りに走って、暗くなって高速に乗り横浜の自宅に着いたのは

夜の八時を過ぎてでした。さすがに疲れました。もう少しユトリのある旅にしないとね(苦笑)









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋が通り過ぎて・・ [庭の植物・花]

ブルーベリーの紅葉_DSC_0007.jpg

秋を満喫出来てないのに、時間は流れるように速いですね・・。

まだまだ秋の風情を楽しみたいのですが、あと何回が晴れた秋の日曜日になるんだろう・・。

ブルーベリーの紅葉は綺麗ですね。

我が家で綺麗なのはハゼの赤、ザクロの黄くらいだったのでこれはうれしいです。

定番の筈のモミジは春は鮮やかな赤ですが、秋は傷んであまり綺麗な紅葉を見せてくれません。

梅は紅葉じゃなくて黒いんですよね。ヤマボウシは毎年病気で八月から落葉が始まるし

柿も風情のある紅葉は見せてくれないし・・。って不平ばかりに・・(苦笑)



サルスベリの剪定_DSC_0022.jpg
 サルスベリ

庭のサルスベリは最悪の年だったかも知れません。カイガラムシから煤(スス)病に進み真っ黒!!

サルスベリのみならず下(周り)にあるヤマグワ、ヤツデ、オモト、といった植物から

白く塗ったウッドデッキまで黒ずんでしまって・・。

例年年末に庭師が手入れするのですが、そういう状況なので早々に自分で黒い枝を含めて

強剪定してみました。でもまだ相当に黒いところが残っている・・(汗)

これ以上切る勇気はないので、アルコールで黒いところを拭いてみようかなあ。




    ツワブキの花_DSC_0004.jpg
      斑入りツワブキの花

去年の秋に岡山から移植した斑入りのツワブキはしっかり付いたみたいですね。

暗いところでこの斑入りは結構映えます。今はハゼの落葉と対照的な色合いを醸しています。







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。